あぶく銭通信

2chの仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム)、経済、株、FXのまとめサイト

MENU

バルミューダのこだわりの製品開発に見る「人生の拓き方」 。ジョブズの“Stay Hungry, Stay Foolish.”を体現

f:id:abkzn99:20170528002747j:plain
1 ノチラ ★ 2017/05/27(土) 16:04:31.88 id:CAP_USER.net

http://dol.ismcdn.jp/mwimgs/0/0/670m/img_00ed6a9c9bad723f8f8c1d359a55025e481531.jpg

“Stay Hungry, Stay Foolish.(貪欲であれ。愚直であれ)”というアップル共同創業者スティーブ・ジョブズの言葉を聞いたことがあるだろう。これは2005年のスタンフォード大学卒業式におけるスピーチの締めくくりに使われた有名な言葉で、「現状に満足するな。たとえ非常識と言われても自らが信じる道を進め」という意味だ。

寺尾氏の生き方は、まさしく“Stay Hungry, Stay Foolish.”を体現しているかのようだ。

 そんな寺尾氏が率いるバルミューダの製品は、The GreenFan(扇風機)、The Toaster(スチームトースター)、The Pot(電気ケトル)など、そのどれもが家電の常識を覆すこだわりの製品ばかりだ。

バルミューダの製品開発の目的は、単に優れた機能を提供するだけでなく、その機能を通じて、夢のような「体験」をしてもらうことにあるそうだ。

 iPodiTunesといったアップルのイノベーションも、音楽の「体験」をがらりと変えるものだった。やはり、寺尾氏の発想や哲学は、ジョブズに通じているのだろう。

 例を挙げよう。本書で開発ストーリーが紹介されている次世代扇風機The GreenFanは、寺尾氏が「バルミューダが大きくなったら作りたい」と夢見ていた製品の一つ。世に出せば「絶対に売れるだろう」と確信していたものだ。

 扇風機が発明されたのは19世紀後半。構造もシンプルなので、もはや改良の余地など残っていないと思いがちだ。だが寺尾氏は、どの既存の扇風機も「涼しくない」と感じていた。人工的な風が強すぎて、長時間あたっていられない。だから暑さをしのげないというのだ。

 寺尾氏には、扇風機で作りたい風のイメージがあった。それは、小学校の夏休みに友だちと外で遊ぶときに吹いていたような、心地よい自然の風だ。扇風機に限らず、寺尾氏のものづくりには、「心地よさの体験」の共有へのこだわりがある。

 それほどの思いがあった次世代扇風機だが、量産のための設備投資がまかなえず、なかなか商品化に着手できなかった。起業したばかりのバルミューダの事業は、手作りの高額商品の、受注生産に近いかたちでの販売のみだったのだ。

 しかし、それら手作りの高額商品は、2009年頃にはリーマンショックのあおりを受け、まったく売れなくなった。商品が売れなければ会社は倒産する。「このまま何もしないで夢を失うのは絶対にいやだ」と、寺尾氏は一念発起。「夢の扇風機」の実現に最後の望みをかけることにした。

 寺尾氏はまず、自然の風と扇風機の風の違いを調べてみた。すると、扇風機の風は「渦を巻いている」ことがわかった。自然の風には、そんな渦はない。

 いろいろと調べていく中で寺尾氏は、以前、残暑が厳しい折に訪れた町工場で教えられたことを思い出した。そこでは職人たちが大きな扇風機を壁に向け、跳ね返った風にあたっていた。「こうすると、風が優しくなるんだよ」

 そこで、壁に扇風機を向けて跳ね返る風を調べた。わかったのは、壁に当たることで「渦」の成分がなくなるという事実だった。

 寺尾氏は異なる勢いの2つの風を衝突させれば、壁にぶつかるのと同じ効果が得られるのではないかと考えた。そして、内側に遅い風を、外側に速い風を送り出す羽根をそれぞれ配置した二重構造を考案したのだ。

 このアイディアにより、従来の製品では不可能だった自然で優しい風を送る扇風機がついに完成した。
以下ソース
http://diamond.jp/articles/-/129640

関連スレ
【経営】優れたリーダーになるためには絶対にスティーブ・ジョブズを模倣してはいけない [無断転載禁止]?2ch.net
http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1495850500/

3 名刺は切らしておりまして 2017/05/27(土) 16:10:04.93 id:lxJAX9Lz.net

高くてすぐ壊れる

作ってるやつは文系

4 名刺は切らしておりまして 2017/05/27(土) 16:11:58.35 id:h5EyHUJZ.net

ここのメーカーは不良品が物凄く多い
そしてサポートは最悪レベル
値段の事考えたらありえんよ

5 名刺は切らしておりまして 2017/05/27(土) 16:15:22.22 ID:97hpkaMj.net

俺はツインバードとかアイリスオーヤマの家電で充分満足している


ダイソンとかバルミューダの10分の一の価格で同じことができるからね
そのぶん趣味に金を使う

25 名刺は切らしておりまして 2017/05/27(土) 17:23:59.94 ID:AN/5MQyl.net

>>5
ツインバードは2流家電メーカーとして90年代からそこそこ知られてたけど、
アイリスオーヤマは家電作り出して10年ちょっとで故障のレビューばっか
まだまだ信頼性に乏しいな。デザインは大手より頑張ってるとは思うが

15 名刺は切らしておりまして 2017/05/27(土) 16:42:30.98 id:waBV3Dbj.net

>>5
それは、知的成果のただ乗りだから。そこにたどり着くまでの試行錯誤のコストを省けば安く出来るのは必然。
試行錯誤には、その商品の売りの部分だけではなく安全、生産コストなど多岐レベルが含まれるから。
だから、盗まれたときに特許の部分だけで被害を算定されてもしゃれにならない。

23 名刺は切らしておりまして 2017/05/27(土) 17:11:32.73 id:cNf0Ur75.net

>>15

ということはやはり >>5 は賢い消費者と言えるな。

7 名刺は切らしておりまして 2017/05/27(土) 16:19:55.50 ID:0ScXPrQc.net

ジョブズバルミューダは何の接点もないじゃないか。すげー糞スレだなw
酷過ぎwww
中華街の餃子店の楊さん(48歳)に後半変えても同じ文章量産できるなw

“Stay Hungry, Stay Foolish.(貪欲であれ。愚直であれ)”というアップル共同創業者スティーブ・ジョブズの言葉を聞いたことがあるだろう。
これは2005年のスタンフォード大学卒業式におけるスピーチの締めくくりに使われた有名な言葉で、「現状に満足するな。たとえ非常識と言われても自らが信じる道を進め」という意味だ。
楊氏の生き方は、まさしく“Stay Hungry, Stay Foolish.”を体現しているかのようだ。

16 名刺は切らしておりまして 2017/05/27(土) 16:42:39.08 id:QFuRf+5M.net

渇望する愚か者であれ。

日本の禅僧に学んだ、
アップルのジョブズは、
ずーっと、年間、1ドルの給与、
株式配当なし、だった。

17 名刺は切らしておりまして 2017/05/27(土) 16:45:42.64 id:WIZMDza6.net

量産効果の問題で割高なのは仕方ないと思うが
そこを割り引いても高く感じるのは否めない
ジョブズのアップルというよりクックのアップルな感じ

18 名刺は切らしておりまして 2017/05/27(土) 16:48:11.32 id:ub8gkOq2.net

こだわりっていうか
宣伝がうまい

26 名刺は切らしておりまして 2017/05/27(土) 17:29:51.16 id:cTNxeruG.net

結構高かった扇風機、突然首が折れて使用不可。。
使おうと思ったら首が下向いてんの。
上げて使おうとしたら根元から折れてたw。

まぁ保証で無償で直ったけどビックリした。

27 名刺は切らしておりまして 2017/05/27(土) 18:14:05.94 id:OmqxExqz.net

見た目重視で電気代とか利便性あんまり考えてないのが頭弱そうに見える
冬でもミニスカートはく女の子みたいな
5年先、10年先の将来のことも考えてないんだろうなってことまで想像してしまう

29 名刺は切らしておりまして 2017/05/27(土) 19:45:16.51 id:oQG3KVGx.net

バルミューダは品質が悪すぎてねぇ。

30 名刺は切らしておりまして 2017/05/27(土) 21:05:23.61 id:D2DwjzZd.net

ダイソンほど技術力はない
ダイソンは掃除機だけだけど

32 名刺は切らしておりまして 2017/05/27(土) 22:13:00.04 ID:22YNmmXX.net

意識高い系に憧れている一生意識高い系を見上げているだけの人を
釣り上げるビジネスが流行っているよな。

元スレ 【家電】バルミューダのこだわりの製品開発に見る「人生の拓き方」 。ジョブズの“Stay Hungry, Stay Foolish.”を体現
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1495868671